誹謗中傷への対策について

誹謗中傷とは、他人を誹るあるいは徹底的な悪口を言うことです。

現在インターネット上の誹謗中傷は掲示板やブログ、SNSが普及することによって増加しています。

根拠の無いいわゆる風評被害も増えてきています。

掲示板やブログなどに書き込む行為の場合、根拠の無い悪口や情報の誤りがある場合には「名誉毀損」や「侮辱」が成立しかねないのです。

誹謗中傷の対策に興味をお持ちの方にお勧めの情報サイトです。

このような誹謗中傷を受けた対策としては、掲示板やSNSの場合には運営者に削除要請を求めます。



自分で削除依頼が難しかったり対応してもらえなかったときには「プロバイダ責任制限法」に基づいて情報を発信した人を開示する申し立てを行うこともできるのです。

それでも応じられない場合には、法務省の人権擁護機関に申告して法務省からプロバイダに削除を依頼してもらうなどの手段をとることができるようになっています。


また、書き込み内容をプリントアウトや写真に撮っておくことで証拠を残しておき、警察署に相談するというのも有効です。場合によっては刑事事件として捜査してもらうことができます。

自力での解決が難しいのが誹謗中傷ですので、インターネットに詳しい弁護士に依頼することによって解決できることもあります。


誹謗中傷で実際に事件となり名誉毀損の疑いで書類送検をされた人達もいます。
インターネット上の書き込みは匿名であるあるため何でも書き込んで良いと思うのではなく、ルールやマナーなどを守って行くことが重要となるのです。

オリジナリティに富む掲示板の有益情報にあふれているサイトです。